押し花絵作家 久保淳子オフィシャルページ。作品紹介、プロフィール、千葉県富里市のギャラリー(展示・販売)の紹介。体験会・教室の開催情報。

押し花絵とは

  • HOME »
  • 押し花絵とは

押し花絵とは

みなさんも小さい頃に、四葉のクローバーなどを本に挟んで乾燥させ、楽しんだ経験があると思います。

現在では、乾燥技術、保管方法、密封技術の進化により、草花がもつ本来の美しさを長期間維持できるようになりました。

それらの押し花を組み合わせて、思い出や想像力とともにフレームの中に解き放つことで、いつまでも長く楽しめる作品となります。

これを『押し花絵』といいます。

toha01

私の作品では、自宅の庭で育てた草花を中心に、自然に分け入り自らの手で採取してきた草花を多く使用しています。

toha02

それらの草花が持つ、色鮮やかさ、その時々の姿、生命力を、押し花として封じ込めます。

toha03

その押し花を丁寧に並べ、『押し花絵』として表現していきます。

このようにして、草花は、その美しさを長い間感じつづけられる『押し花絵』として生まれ変わっていきます。

toha04

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Junko Kubo All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.